パナックスコミュニケーションズ株式会社

栃木県でビジネスフォン・防犯カメラ・監視カメラのパナックスコミュニケーションズ株式会社

パナックスコミュニケーションズ株式会社
tel:0120-534-607
〒329-0403 栃木県下野市医大前2-5-5
営業時間 9:00~19:00

栃木県 ビジネスフォン 電話工事 複合機 電話機 防犯カメラ ホームページ製作 クラウドサービス
パナックスコミュニケーションズ株式会社
パナックスコミュニケーションズ株式会社
tel:0120-534-607
〒329-0403 栃木県下野市医大前2-5-5
営業時間 9:00~19:00
ホーム > 最新情報

2017-10-18 事務所が無くても電源さえあれば遠隔可能な新監視カメラシステム登場。

離れた場所でも電源さえあれば遠隔でスマホからでも見える防犯カメラ、監視カメラCoral Edge Box V7100 SERIES新登場。

導入メリット

今までは建物が無くてはNTTの光回線が引けず、大変な費用と手間がかかりました。
V7100であればSDカードからLTEで電波を飛ばす方式の為導入経コスト及び導入の手間が大幅に削減する事ができる様になりました。

2017-8-3下野市の防犯カメラ助成金についてはパナックスコミュニケーションズ株式会社に。

下野市の防犯カメラ助成金についての記事です。
煩わしい助成金の手続きは弊社で承ります。

http://www.city.shimotsuke.lg.jp/1144/info-0000000488-1.html

防犯カメラカメラとセキュリティーシステムの専門店

パナックスコミュニケーションズ株式会社では、栃木県内及び近隣で防犯カメラの設置を希望する企業様を対象に、助成金を使い低コストで防犯に貢献できるご提案をさせていただいております。

防犯カメラカメラとセキュリティシステムについてのご相談はパナックスコミュニケーションズ株式会社まで。
0120-534-607

2017-08-2新商品、システム構成に依存しないクラウドサービス、パナックスクラウドシステム。

いざという時にすぐに復元
簡単設定、簡単復旧で安心



社内蓄積データの保護を手頃の価格で
自然災害の多い日本で経営する上でもっとも重要な事は社内蓄積データの保護です
すべてのビジネスにデータ活用が必要不可欠なこ昨今、データ消失は企業の致命的な損失となり、倒産の危機にもなりえます。そんな危機を乗り越えられるクラウドバックアップが、パナックスバックアップシステムです。
設備投資は一切不要のクラウドバックアップです。システムイメージでもクラウドに直接保存できるので、復旧作業にかかる時間も最小限に抑える事が可能になりました。ファイル単位の復元にも対応している為、あらゆる事態にも対応できます。


データセキュリティ(国内にサーバを設置)
社内の情報を社外に出すのは慎重に行わなければなりません。特に日本の法律が通用しない、海外に置く事は復元速度だけではなく、多くのリスクが伴います。パナックスクラウドシステムは国内(長野県)ストレージを管理し、最高基準のセキュリティポリシーで運用しています。
お客様の環境上でAES-256データで暗号化されたうえ、 2048-bit SSLでデータが転送されます。パナックスクラウドシステムのデータセンターはISO27001 (ISMS)認定取得済の施設であり、第3者のアクセスは厳重体制で管理されております。

国外にサーバを設置時にはサーバ設置国やネットワーク経由国の法令によって情報開示が義務付けられる場合があります。データの機密性が守られず、情報が強制的に閲覧される可能性があります。
また、クラウド事業者の事業主体が海外にある場合、海外の準拠法が指定されるケースがあり、
犯罪捜査によりクラウド事業者が保有するサーバが捜査当局に押収された場合、利用者は事業を継続できなくなる可能性があります。
その他、EU圏内に現地子会社を有する企業がクラウドを利用する場合、第三国への個人データ移転しなければならない可能性があります。

システムイメージ
すぐに、どこにでも完全な環境復元
すべてのアプリ、ファイル、ユーザーアカウント、各種設定、さらにはオペレーティングシステムを含むシステムイメージ全体を一気にバックアップします。通常のファイルバックアップでは、新しいPCにOSをインストールしたうえ、必要なアプリケーションの再インストールが完了してからようやく再度ファイルのバックアップが可能となります。
パナックスバックアップシステムはシステムイメージの完全なバックアップなので、どのPCにでも設定なしで全てのデータを復元する事が可能です。


システム構成に依存しない
致命的なハードウェア障害が発生した場合は、同じ構成のハードウェアが手元にあるとは限りません。使用しているメーカーや機種に関係なく、あらゆるPC間でシステムを移行できます。ハードが一切なくても、すぐにクラウドサーバーを立ち上げて、バックアップを復元すればいつでも、どこでも、すぐにアクセスが可能となります。
クラウドバックアップだからこそ、震災が多い日本には適した事業継続対策が可能です。高額なクラウド環境やデータセンターも不要で、運用費が極端に抑えられるシステムイメージのクラウドバックアップなら、全てが不要となります。

2017-5-17 身代金要求方ウィルス。世界規模で大発生❗️

パナックスコミュニケーションズ株式会社ではUTM導入によりランサムウェアの被害防止を推進させて頂いております。

ランサムウェアとは。
https://youtu.be/s0fmMW22Tn0

「ランサム(身代金)ウェア」と呼ばれるウイルスを使った大規模なサイバー攻撃の被害が、日本国内でも広がっている。サイバー攻撃対策を支援している「JPCERTコーディネーションセンター」(東京)によると、国内で約600カ所、2000端末の感染が判明したという。


 今回使われた身代金ウイルスは、パソコン内部のデータを暗号化し、元に戻す代金として300ドル(約3万4千円)相当の仮想通貨ビットコインの支払いを要求するもの。日産自動車の英国工場で操業に影響が出たりと、影響が広がっている。

 又、金銭を要求するための日本語のメッセージも表示されることを確認した。脅迫のメッセージには「支払いが処理されるまで、アンチウィルスを無効にすることを強くお勧めします。このソフトウェアを削除した場合、あなたが支払ってもあなたのファイルを回復することができません!」などと書かれていた。

メール開封、慎重に
 世界的には14日時点で、少なくとも感染が150カ国、計20万件に広がっていることが明らかになっている。

2-17-3-20. 500時間の録音が可能なビジネスフォン登場!

パナックスコミュニケーションズ株式会社が自信を持ってご提案させて頂くサクサビジネスフォンのボイスメールシステム。

1. 通話録音 - 相手との通話を録音できます。
2. 留守番、着信代行 - 不在の時も音声メッセージを送ることがでる。
3. クイックメッセージ録音 - メールボックスに電話で音声メッセージを残すことができる。
4. 留守番リモコン - 外出先から、自分のメールボックスを確認することができる。
5. パスワード設定 - ユーザごとに設定が可能。

録音時間
初実装の主装置内蔵フラッシュメモリ選択時は60分です。
外付のUSBメモリ(オプション)を使用することで、500時間の録音が可能。

自動通話録音機能にて応答すると、自動的に通話録音を開始します。
必要に応じて手動通話録録音も可能。

留守番モード自動切替
切替時間および曜日を指定することで、在宅モードと留守番モードを自動的に切り替えます。切り替えスケジュールは、曜日(日~土) と休日/祝祭日毎に設定できる。

録音メッセージをパソコンに保存
録音メッセージをパソコンに保存することができまる。
wavファイルとして保存され、 Windows Media Playerなどで再生できる。

2017-3-1データを人質に身代金を要求 ランサムウェアについて

データを人質に身代金を要求
ランサムウェアは、身代金目的の「サイバー攻撃」に利用されているなソフトウェアのです。
攻撃者は、一見無害なEメールやWebページにランサムウェアへのリンクを忍ばせ、ユーザーにクリックさせるように仕向けます。
ユーザーがランサムウェアを実行してしまうと、ファイルやアプリケーション、システムが起動不能になり、復旧したければ身代金を請求されます。
ランサムウェアによる被害は深刻化と拡大の一途をたどっております。
最近では、個人ユーザーの被害に加え、企業や組織における被害報道も増えています。
身代金の要求額は、数万円?数十万円と、標的によって大きく変動します。
ランサムウェアへの感染後に実施可能な対策はほとんどありません。
身代金を支払わなければ、業務の停止や機密情報のな喪失など、莫大な被害を受けます。
身代金を支払い、復旧できたとしても、再発防止策を講じなければ、再度、ランサムウェア攻撃を受け、身代金を支払わなければならない事態になります。
この様な事態を回避する為にもセキュリティー対策に力を入れる事が大切なのです。

2017-2-20スマートフォンを内線の子機イメージで使えるビジネスフォン誕生??


スマートフォンを使い、社内の無線LANを介して内線での通話ができる。
スマートフォンのデータ通信を活用するため、通信コストの削減が可能。
携帯キャリア各社の「FMCサービス」にも対応しているので、どこにいてもオフィスの電話機と内線で通話ができます。

2017-2-28小山市 防犯カメラ助成金について

小山市 防犯カメラ助成金についてはこちら

https://www.city.oyama.tochigi.jp/kurashi/anshinanzen/sodan/bouhankamera-hozyoki.html




監視カメラとセキュリティーシステムの専門店

パナックスコミュニケーションズ株式会社では、栃木県内及び近隣で防犯カメラの設置を希望する企業様を対象に、助成金を使い低コストで防犯に貢献できるご提案をさせていただいております。

監視カメラについてのご相談はパナックスコミュニケーションズ株式会社まで。
0120-534-607

2017-2-18 ビジネスフォンについて

家庭用電話機とビジネスフォンの違い

家庭用電話機とは一般の家庭で使われている電話機で現在親機とコードレスがセットになっているタイプの物が主流です。またFAXが付いていて電話もFAXも受けられる便利なタイプも数多く出回っております。
そしてオフィスなどで働いてるみなさんも普通に電話を使われているかと思いますが、家庭用電話機と違ってボタンがいっぱい付いて自宅の電話機とは少し違うな。と、お気付きになられた方もいるでしょう。


家庭用電話機の特徴

家庭用電話機とは、局線が1外線一つの電話番号で使用する電話機の事です。

置き方の親機がありコードレスなどの子機が何台あっても外線が一つしか入らないので、TEL又は FAXを1台使用していれば他から発着信ができず、1台ごとの使用に限られてしまいます。
この家庭用電話機は一般的には家電量販店さんで販売されており、親機1台、コードレス複数台の組合せで安価で購入する事ができます。



家庭用電話機のメリット

家庭用電話機の一番のメリットとしては安価で購入できるという事でしょう。

ビジネスフォンの特徴

ビジネスホンには多数の外線ボタンがついております。また主装置というのBOXが制御システムの中心になっており主装置の内部に各ユニットが入っておりお客様の使い勝手に合わせて内線の電話機の数や外線数を決める事ができます。

主装置の種類も小型(電話機10台迄)中型(電話機32台まで)大型(電話機500台以上)の物があります。

2017-2-1防犯カメラの活用方法

防犯カメラは泥棒の被害やスタッフの不正以外でもこの様な場面で活躍しております。


1,トラブル防止に役立つ
お客様との金銭のやり取りがお釣がカメラに写るので、トラブルの防止につながります。
例えば、お客様が支払い時に5000円札を出してお釣を渡し、キャッシャーを閉めた後に、お客様が「出した金額が1万円札だったのでお釣りが足りないというトラブルがあった場合にも、監視カメラで録画した映像を確認してもらうことで、トラブルを防ぐ事ができます。

2,スタッフの業務内容の正当な評価に繋がる
店内にカメラを設置することで、スタッフがどのようにお客様に対応し、丁寧に仕事を頑張っているかを正当に評価することが出来ます。
また不正をしないというメリット以外にも緊張感を持って仕事に励んでもらえるというメリットがあります。
緊張感を持って業務を行えば自然とお客様に対する対応も良くなりますし、スピードアップにもつながります。

3.店舗の込み具合を確認できる
店舗の込み具合やお客さんの様子を後から見て振り返り戦略を練る事ができます。
込みやすい時間帯や時間帯別の客層を判断しマーケティングにもおおいに活用することが出来ます。