防犯カメラ用ポール施工

防犯カメラの設置に当たって資材置き場などの高い場所がない場合などは、カメラの破壊やスプレーによる破損を未然に防ぐために弊社では、ポールの設置なども行っております。
その作業の一部をご紹介いたします。
まず、防犯カメラ用ポールを立てるためには穴を掘らなくてはいけません。弊社ではドリルや専用の器具を使ってポールの長さの6分の1(4mであれば60センチ程度)の深さ横幅は40㎝前後の穴を掘ります。
※このときに地中にある配管などに気をつけましょう。

次にポールを立てていくのですがここで重要なのが地面の基礎を作ることです。しっかりと基礎を作らないと少しの負荷でポールが倒れたり少しの風でポールが揺れて防犯カメラの映像が不安定になってしまいます。
様々な方法で基礎を作ることができますが弊社では専用のブロックとその周りに砂利を流すことでしっかりとした基礎を作っています。

基礎を作り終えたらセメントを流します。
セメントはホームセンターなどで市販されています。

セメントが乾いたら土を上からかぶせて終了です。