コピー機の修理について


弊社ではコピー機に関する修理や相談も承っております。どんな些細なことでもぜひ一度ご相談ください。
(此方で扱えるコピー機は一般的にいう複合機や業務用コピー機です。家電や市販のインクジェットプリンターは取り扱っておりませんご注意ください)

コピー機の故障やトラブルの主な例

・印刷の際に線や汚れが出る
・印刷をしたら白く抜けてしまう部分がある
・コピー機が立ち上がらない
・PCからの印刷が出ない
・紙が詰まってしまう
などの症状が主に挙げられます。

まずこのような症状の場合、原因が何か判断する必要があります。

主な原因と特徴・対処法

・印刷の際の線や汚れ
印刷の際の線や汚れは様々な原因が考えられます。ガラス台や原稿送り装置から印刷したときのみ出る汚れであればガラス面の汚れや内部の埃が原因の場合が多いです。PCやガラス面の両方で出てしまう場合消耗品の劣化や内部の故障が主に考えられます。線や汚れ出てしまった場合販売店に連絡いたしましょう。

・印刷の白抜けの場合
白抜けの場合お客様でもできるクリーニングで治る場合があります。それでも治らない場合は部品の故障が考えられます。お電話いただければクリーニング方法をご案内させていただきます。

・コピー機が立ち上がらない場合
コピー機が立ち上がらない場合複合機には通常の電源のほかにメインパワースイッチがついている場合があります。そちらのON/OFFで治るかどうかやほかのコンセントにつないでいただいてどうかそれでも立ち上がらない場合故障が考えられます。落雷の後に起きやすい故障です。

・PCからの印刷ができない
PCからのみ印刷が出ない場合ほかのPCから出るかどうかもし全部のPCから印刷できない場合ネットワーク環境のトラブルが考えられます。一台のみでない場合ドライバーの問題や設定の問題が考えられます。一度ドライバーを再インストールすることをお勧めしています。それでも治らない場合ご連絡ください。

・紙が詰まってしまった場合
紙が詰まってしまった場合コピー機の画面に詰まっている場所がでるのでその指示に従って紙を取り除いてください。途中で破けてしまうと中に破片が残って部品を分解しないと取り除けなくなってしまうことがあるので無理に引っ張るのはやめましょう。
また紙を取り除いても紙が詰まっている表示がコピー機に出る場合や何度も紙が詰まってしまう場合は、ほかに詰まっている個所があるか異物がまだ残っている場合があります。販売店に連絡しましょう。

主な故障は以上です。コピー機(複合機)はほかの事務機器よりトラブルが起きやすい傾向にあります。なぜならコピー機はほとんどの部品が消耗品であり定期的に部品交換やメンテナンスが必ず必要になります。部品の交換やメンテナンスには精密機器のため技術と知識が必要になります。トラブルが多いコピー機だからこそ緊急時の対応が早く操作方法なども気軽に聞けたほうがいいですよね。年数がたってしまている場合部品がなくなっていることも多々あります。弊社では他社で導入したものや取扱いのコピー機以外の場合でも、できる限りお力になれるよう努力いたします。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談・お問合せはお電話で 0120-534-607