データを人質に身代金を要求
ランサムウェアは、身代金目的の「サイバー攻撃」に利用されているなソフトウェアのです。
攻撃者は、一見無害なEメールやWebページにランサムウェアへのリンクを忍ばせ、ユーザーにクリックさせるように仕向けます。
ユーザーがランサムウェアを実行してしまうと、ファイルやアプリケーション、システムが起動不能になり、復旧したければ身代金を請求されます。
ランサムウェアによる被害は深刻化と拡大の一途をたどっております。
最近では、個人ユーザーの被害に加え、企業や組織における被害報道も増えています。
身代金の要求額は、数万円?数十万円と、標的によって大きく変動します。
ランサムウェアへの感染後に実施可能な対策はほとんどありません。
身代金を支払わなければ、業務の停止や機密情報のな喪失など、莫大な被害を受けます。
身代金を支払い、復旧できたとしても、再発防止策を講じなければ、再度、ランサムウェア攻撃を受け、身代金を支払わなければならない事態になります。
この様な事態を回避する為にもセキュリティー対策に力を入れる事が大切なのです。