2019年7月友人からの紹介で8月に自治医大で訪問看護の事業を行う法人様が事務所のセキュリティのや従業員さんの安全の為防犯カメラ設置を検討しているというお話を頂きました。

早速ご紹介頂き、株式会社Life-cueの吉田優社長と名刺交換させて頂きました。 早速お見積もりを出させて頂きご注文を頂きました。 

お話しによると吉田社長は下野市の補助金の下野市まちなか商店リフォーム補助金をうまく利用して事務所の改築し費用やそれに付帯する防犯カメラなどの設備を申請し助成して貰ったそうです。

上手く利用出来るものは利用した方がよいですね。 防犯カメラカメラは二台設置させて頂きました。正面の入り口と駐車場が見える様に怪しい人がウロウロしていたら直ぐに分かる様に設置させて頂きました。またもう一台は脇の入り口と裏の駐車場が見える様に設置させて頂きました。

防犯カメラを取り付けたからといって100パーセント安全とは言えませんが、犯罪者の意識の中でかなりの抑止力になりますので犯罪に巻き込まれる可能性は少なくなります。またもし事件が起こってしまっても映像の証拠が残っているので事件解決に繋がる可能性が高くなります。

数ある防犯カメラ取り扱い業者の中で弊社を選んで頂き有り難うございました。
今後とも宜しくお願い致します。

Life-cueの吉田優社長について

平成30年4月に栃木県下野市にLC(ライフキュー)訪問看護リハビリステーションを新規開設致。

吉田社長はリハビリテーション専門職がいる訪問看護として自分らしく生活できる、障がいを治すのではなく活かす、人生の最期を望む場所で迎える、それらを考える・再構築する「きっかけ」づくりとしてお手伝いがしたい、本人だけでなく家族みんなが笑顔になれる地域のステーションを創りたいと思い創業したそうです。

また、地域医療・介護・リハビリテーションの受け皿を広げるとともに、潜在看護師・リハビリテーション専門職の雇用を創出し、この地域で過ごしている方が「自慢の地元」となるよう皆様のお役に立ちたいと考えているそうです。

下記は弊社で作成したものではないですがわかりやすくて素晴らしいホームページです。御拝見下さい。

http://life-cue.jp